継続は力なり、は本当

「努力できるのも才能のうち」とは、なるほどよく言ったもので、オリンピック選手や全国大会の選手にはなれなくても、続けてさえいれば記録が何年もまったく伸びない、なんてことはないものだな、と先日あった大会の結果で感じることがありました。

女子であるわが子より年上の男の子、小学生のころ、記録はわが子のほうが速かったのですが、中学生ともなるとさすがに追い越されていました。

他人のお子さんに失礼ながら、得意種目がある風でもなく、かといって特別これが苦手、というものもなく、良く言えばオールラウンダー、悪く言えばパッとしない感じのお子さんでしたが、こうして年齢が上がっても大会に出られる記録を維持できていることを思うと、本人が泳ぎたい、水泳を続けたい、という気持ちは一番大切なんだな、とあらためて思いました。

たしか、親御さんはパッとしない彼にさっさと見切りをつけて欲しそうなことを話していた気がしますが、今も続けているところを見ると、本人の意向を汲んであげたのでしょうね。

水泳と距離を置く期間があっても、その後の継続した練習や、体格の変化などで巻き返せる可能性は十分あるらしい、ということは、少し前にも書いたりコメントいただいたりしましたが、諦めなければ記録はいくらでも更新できる可能性があることを示してくれているように思えました。

逆に、親御さんが求めているものが大きすぎてベストを出しても入賞しても「あと何秒縮められたはず」「何m以降の失速、あれはない」など、ダメだしされるお子さんもいて、それこそ才能がある子なのに、追い詰められて壊れてしまわないか、僭越ながら心配してしまいました。先ほどの例のように本人が「水泳が好き」と思う気持ちが上達する大前提の条件のように最近は感じています。

でも、いくら好きでもいつまでも認めてもらえないと、心がおれる日もくるでしょうし、認められない中で「好き」を維持するのって思っているより難しいと思います。

これは、自分の経験ですが、自分なりにそれなりの結果を出したと感じているのに親に認めてもらえないことが続いて「あ、もうこれ無理やわ。この人を満足させることは自分にはできへんわ」と勉強することを投げ出してしまいました。

今思えば、勉強なんて親の為にやるわけでもないのに、なぜあんなに親からの評価を気にしていたのか、まぁ、ある意味そういう価値観で洗脳(親にまったく悪気はなく、管理監督や育児の範疇だと思っていたと思われる)されていたからなんですが、自分の為に勉強を諦めなければ今と変わっていることもきっとあったろうなぁ、と思います。

まぁ、根気もなかった私と一緒にされても迷惑でしょうけれど、自分の「好き」が一番大事、続けることが大事、と言ってもなんやかんや子供は親が喜んだり、褒めてくれるのが何より嬉しかったりするものです。

少しでもベスト更新できれば、更新できて当然だった理由(1年もこの種目泳いでないんだから当然じゃん、とか)をあげつらったりしないで、素直に褒めてあげる、思った結果が出なくても、そんなこと子供本人が一番わかっている。ダメだった結果を「そんなことないよ」とまで言う必要はなくても、「まぁ、しょうがないじゃん、やっちまったものは」くらいで流してしまえる親でありたいなと思うようになりました。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用

コメント

  1. ひろママ より:

    いつも、色々考えさせられながら読ませてもらってます。継続は力なり…本当にその通りです。我が子は、まさにパッとしない選手をずっと続けて来て、今年がついにラストシーズン(高3)です。中学校入学、高校入学と水泳を続けるか辞めるか考える機会は親子共にありましたが、最終的に続けてきたのは、何より本人の「水泳が好き」という気持ちです。パッとしないけど好きで続けられたのは、コーチや友人に恵まれたことが大きいと思いますが、こんなに好きなことを見つけてずっと頑張ってこられたことを羨ましく感じるようになりました。残りわずかの選手生活を後悔なく過ごして欲しいと願っています。長文ですみません。

    • magu より:

      ひろママさん
      トップを目指せるのももちろん憧れますが、好きで続けられるなんて、本当これほど羨ましいものはないし、親としても嬉しいですね^_^
      わが子の出会った学生アルバイトのコーチの中にはマスターズ目指したりしている方もいたので息子さん、今後も楽しみな事がいっぱいですね!
      ちなみに、前回教えて下さった高速水着の劣化具合、わが子も数回使用と言える回数以上着用しましたがマークにヒビどころかまだ撥水してます。
      メルカリおそるべしです…。