【小学生水泳選手】低学年は有利!

スポンサーリンク
PC用

8歳以下の資格級について

ご存知の方も多いと思いますが、8歳以下の資格級って「以下」が含まれます。

なかには小学1年生の7歳やなんなら早生まれの6歳の子も含めて基準を設定しているはず。

でも、実際のところは試合に出てくる子の多くは8歳の子や、7歳だとしても、もうすぐ8歳になる小学2年の子が多いように感じます。もちろん、6歳で試合に出ている子もいます。

こういう言い方で不快に思う方もいるかもしれませんが、8歳以下にも関わらず、試合の参加者は8歳が中心となっている8歳以下の資格級の設定は、他の年齢よりちょっと「基準が緩い」と思っています。

実際、8歳以下の資格級9級のタイムを、そのまま9歳に当てはめると7級に。つまり2級下がる。距離や種目によっては、もう少し下がるものもあるかもしれません。

日本水連も基準の緩さを認識しているのか、たとえば資格級9級以上の参加資格が必要な試合は、8歳以下の場合は9歳の基準に準ずる、としています。だから、以前の「モヤモヤ」で書いたママさんのお子さんがいくら9級だと言い張っても、それは8歳以下の資格級、参加基準には足りていないということ。

モヤモヤ
モヤモヤ、としか言えない気持ち 「モヤモヤ」って、なんとも日本人らしい言葉というか、あんまり前向きな言葉じゃないけど、めっちゃ便利な言葉で...

加えて、このママが言っている記録は、練習中の手動計測でギリギリ出たもののようで、これでもコーチが認めれば試合に出られなくはない、というのはあるみたいですが、私なら公認記録でないものを注釈なしで9級、10級というのはどうかな、とも思います。※個人の感想です。

なので、8歳以下の子が上位級の試合になると出られないといわれているのは、正確には「他の年齢と同じ基準では出られない」ということのようです。ジュニアオリンピックでも標準記録は「9歳以下」、年齢の区分は「10歳以下」で設定されています。そんな中で小学2年生でジュニアオリンピックに出た萩野公介選手、すごすぎる…。

8歳以下の資格級については、切り取り方によってポジティブにもネガティブにもなれる要素があると思います。

swimming

8歳以下は(原則)どうやったって上位級の試合には出られないんだ

萩野公介選手のような天才スイマーでない限りは、8歳以下はどうやったって上位級の試合には出られないんだから、仕方ない。でも、9歳以降は狙ってやるぞ!

基準が緩い8歳以下でこの程度なら、基準が厳しくなる9歳以降は苦しいなぁ

前述のとおり、8歳以下の資格級って「以下」が含まれるので、他の年齢よりちょっと基準が緩いからこの級なんだよね、9歳になったら「ただの人」になるんじゃないかなぁ。

どっちの見方をするのが正しいのか、わかりません。

試合の時に記録が出るのも大切ですが、練習中のフォームが終始崩れないようになるまで泳ぎ込むことができないと、いずれ成長は停滞する、ということを聞いたことがあります。

ならば、小さいうちは土台作り、その途中で結果が出れば儲けもん、くらいに思って練習に打ち込むのも一つの考え方かもしれませんね。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする